身体障害者補助犬法案とは

1. 目的

身体障害者補助犬の育成とこれを使用する身体障害者の施設等の利用の円滑化をはかり、身体障害者の自立と社会参加の促進につながることです。

2. 補助犬の定義と認定

補助犬とは、「盲導犬」「介助犬」「聴導犬」のことで、それぞれ国が指定した法人から認定を受けている犬のことをいいます。盲導犬の場合は、道路交通法に定められ、国家公安委員会が指定した法人が育成した犬のことです。


盲導犬

イラスト
目の不自由な人のために道や施設の中などを安全に歩けるために段差や角があれば止まって教えたり、障害物を避けたりして安全に歩けるように助けてくれます。また、自分でも危険だと判断した場合は、盲導犬使用者が「ゴー(進め)」の指示をだしても進まずに危険があることをしらせるなどの仕事もします。

聴導犬

イラスト
耳が不自由で普通に生活することがたいへんな人のために、玄関のチャイムを聞いて来客をしらせたり、電話の呼び出し音や、だれかが呼んでいる声が聞こえることをしらせたり、危険を意味する音などを聞き分けてしらせてくれたり、また音のするもののところへ連れて行ってくれたりします。

介助犬

イラスト
手や足が不自由で普通に生活することがたいへんな人のために、物をひろったり運んだり、服の着がえを手伝ったり、立ったり歩いたりするときに支えたり、扉を開け閉めし、電灯などのスイッチを入れたり切ったりなど、日常生活をいろいろ助けてくれます。

補助犬たちのおおまかな仕事を紹介しましたが、役割は作業ばかりではありません。もちろんそのために訓練するのですが、補助犬利用者の家族の一員として、心の支えにもなってくれます。補助犬はペットではありませんが、人間とふかい関係をむすんでいるのです。

3. 補助犬訓練事業者の義務

訓練事業者は、補助犬として適性がある犬を選び、医師、獣医師等と連携し、これを使用する身体障害者の状況に応じた訓練を行い、良質な補助犬を育成しなければなりません。

4. 施設等における補助犬の同伴等

  • 公共施設、公共交通機関、銀行やお店、宿泊施設など、不特定かつ多数の人が利用する施設の管理者は、その施設を身体障害者が利用する場合、補助犬を同伴することを拒んではいけないとしています。
  • 補助犬には、その使用者のために訓練された犬であることを表示しなければなりません。また施設等を利用する補助犬を同伴・使用する身体障害者は、補助犬が他人に迷惑を及ぼさないよう、その行動を十分に管理しなければなりません。
写真

5. 補助犬の衛生の確保

補助犬使用者は、その補助犬の身体を清潔に保つとともに、予防接種や検診を受けさせ、公衆衛生上問題が生じないように努めなければなりません。

6. 国民の協力

国民は、補助犬使用者に対して必要な協力をするよう努めなければなりません。
なお、受入側の義務違反に対し罰則はありませんが、制度の意義を理解し罰則の有無に関係なく、積極的に補助犬同伴を受け入れてほしいものです。