盲導犬は、こんな一生を送ります。



1. 誕 生

写真01
国内で計画的に繁殖したり、海外から優秀な血統の仔犬を購入します。

2. 生後2ヶ月頃

パピーウォーカー(仔犬育成ボランティア)の家庭に預けられ、愛情をこめて育ててもらいます。この時期に人間との深い愛情と信頼関係を育まれます。

3. 1歳の頃

写真02
パピーウォーカーのもとから、盲導犬訓練センターに入所。ここで約10ヶ月間の訓練を行います。その間に盲導犬としての適性を評価します。すべての訓練に合格した犬だけが、その後、盲導犬使用希望者との4週間(代替えの時は2週間)の共同訓練に進みます。

4. 訓練所卒業

写真03
盲導犬使用希望者との4週間の共同生活の中で、互いに共に歩く技術を学び、信頼を築きます。この期間は、人間も犬も一緒に汗を流して努力する共同作業。お互いの存在を認め合い、パートナーとしてのきずなを結んで、一緒に卒業します。

5. 現地訓練

盲導犬ユーザーとなった視覚障害者の実際の生活エリアで、歩行指導員が同伴してさらに訓練を行います。歩行の安全確保のために欠かせない訓練であり、盲導犬もこの期間に自分が主に活躍する場の地理や環境を知ります。

6. 共に歩く

写真03
一人前の盲導犬として、視覚障害者のパートナーとして、共に生活します。ユーザーと盲導犬は、互いに互いを必要とする深い信頼で結ばれた、文字通りの伴侶として暮らします。10〜12年間、盲導犬として活躍します。

7. 引 退

盲導犬は、視覚障害者と犬自身の安全のために、約10〜12歳ごろで引退します。その後は退役犬ボランティアの家庭か訓練施設でのんびり老後を過ごします。


ご注意下さい! 悪質なニセ募金活動

「補助犬または、盲導犬・介助犬・聴導犬の育成の為に」と、うたう街頭募金活動が全国で見られますが、その中に市民のみなさまの善意を利用する悪質な団体が存在しています。疑問に思われる募金活動を見かけましたら“目的は何なのか”“寄付がどこに行くのか”などをお聞きになり、納得して頂いた上で募金をお願いします。国内で正式に盲導犬を育成している施設は9施設です。ご協力を頂く際には、正式な認可施設及び全国盲導犬施設連合会の名称・マーク等をご確認ください。●(財)北海道盲導犬協会 ●(財)栃木盲導犬センター ●(財)日本盲導犬協会 ●(財)アイメイト協会 ●(財)中部盲導犬協会 ●(財)関西盲導犬協会 ●(社福)日本ライトハウス ●(社福)兵庫盲導犬協会 ●(財)九州盲導犬協会

市民のみなさまの善意を利用する悪質な福祉便乗活動には十分ご注意ください。